スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーポン

もたもたしてるとあっという間に40代だよ?ヨシノブです。お母んに言われました。
モタモタしてるわけじゃないよ!オタオタしてるんだよ!

旅行に行くと恋人とか欲しくなるよね?リア充死ね!

今日は割引券のお話です。
みなさん、クーポン券とか取ってます?結構いますよね?財布の中にいろんなクーポン券溜め込んでる人。

別に悪いって言ってるわけじゃないんですよ。むしろ褒めてあげたい。
サービス業というものは如何にお客様を呼び込むか、また、呼び込んだお客様を如何に抱え込むかが重要です。

そんな時に重宝されるのがこの「クーポン券」です。一度目の来店のきっかけとして「割引」で釣ります。
そしてお帰りの際に「また次回使ってくださいね」といって更なるクーポンをお渡しします。

ところが、最近はWebやフリーペーパーでクーポンなんて溢れていますから、みなさんなかなか興味を示してくれないんですよ。
必要なときに手に入れればいいや、ってな感じですね。

こちらとしてはクーポンの制作費も馬鹿になりません。1日数百人、数千人のお客様に配るわけですから発注単位も数千から多いときは数万枚。1枚5円でも1万枚作れば5万円ですからね。
無駄な経費はかけられませんから、魅力のあるクーポン内容にすることと、「捨てられない」工夫が必要となります。
保有率ってのは大事なんです。財布に保持されているということは、財布を開く度に宣伝できるという事ですから。

わが社でもクーポンの内容については日々改善していかなければいけません。そのため、他店を視察に行った時などは例え他業種であっても一通りクーポンを持ち帰ります。

まぁ、長々と回りくどい説明をしたんですけど、言いたいことは一つ。






サンプルと称してラブホのクーポンを俺に渡すのはやめてください。


「こんなの貰ったんでよかったら参考にしてください。」


なになに?『最大20回使える特別クーポン』ね。


ごめん!一回も使う機会ないかも!


「そんなこと言わずに貰ってくださいよ。いっぱいあって困ってるんです」







生々しいからやめてくれないかな?
スポンサーサイト

tag : だったら貰ってくるなよ・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一人で行けばいいじゃん

No title

これでボクも憧れのホテル住まい!

No title

でもちゃんとしっかり受け取ったんですね(笑顔)

No title

肝心のクーポンのデザインや参考にできる場所が語られていませんよ!

No title

>あらいぐま
部下の机に挟んでおきました


>あんちゃん
だって中みてないもの・・・

No title

いっしょにホテルいきましょう、っていう誘いだと思うよ♪
相手が男でも女でもポジティブにとらえようZE☆

No title

>ヒロアキ
どれだけポジティブにとらえてもザーボンさん第二形態はご遠慮願いたいです。
リンク
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。