スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうして引き継がれていく

ネタがないなら昔話で濁せばいいじゃない、ヨシノブです。お久しぶりです。

仕事やめてから遊びに行くことがめっきり減って、びっくりするくらいネタがなにもないです。
あ、ちなみに無事ニート卒業しました。代表取締役とかいう肩書きが付いたパシリです。収入はコンビニバイト以下です。
その辺の話は面白い展開があればおいおいしていきます。


今日はろじぱらの代打日記を読んでて、思い出した話があったのでひとつ。

数年前に海外に行った時、カフェで優雅にレイコーとしゃれ込んでたわけですよ。
あ、レイコーっていうのはエグゼクティブな用語で、貧民の君たちにわかりやすく説明するとアイスコーヒーのことね。
そのカフェの席に1枚のコインが落ちていまして、旅の思い出に持って帰ったんですよ。

数年後に再びその国に訪れたときに、同じカフェに立ち寄ったのです。
ドリンクをオーダーして財布を開いたときに、例のコインが目につきました。
海外旅行用の財布の中にずっと入っていたのを忘れてたんですね。

ほんの数秒、コインを見つめながら数年前の旅を思い出し、懐かしい思い出とともにそのコインを手渡して支払いを済ませようとすると、店員が声をかけてきたんです。



店員「・・・ペソ」(コインを付き返しながら)


そりゃ、アメリカ領じゃペソは使えないよね。

再び僕の元へ帰ってきたそのコインを、人目につきやすい場所に置いて店を後にしました。
同じように誰かが拾い、また置いていくことを信じて。
スポンサーサイト

tag : そっか、だからあそこに置き去りにされてたのか・・・

リンク
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。