スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活力の源

今日は美容師さんのブラチラが見れたので、3日は頑張って仕事できます。



スポンサーサイト

tag : 美容師と歯科助手はラッキースケベが多くて助かる

はじめての××

おい、俺のコーラ飲んだの誰だ!ヨシノブです。おめぇらは麦汁でも飲んでなっ!


行ってきました潮干狩り。
例年だとGW明けの休みの日に行くことが多いんですが、今年は開幕してすぐだったのでちょっと肌寒かったですね。
今回のメンバーには人生初の潮干狩りって人もいました。


「自分、朝干狩りって初めてなんで楽しみです」


干狩りな?

行った事なくても言葉くらいは知ってるだろうに。


とりあえず、一番でかい貝をとったやつが勝ち(当然食べられない貝は無効)、ドベとドベ2は食後の後片付けというルールでハンティングスタート。


小さな貝やバカ貝をよけながら30分ほど経ったころ、例の朝日狩ラーが気になってきまして。
初めてじゃ貝の見分けなんて出来ないだろうし、捕れた奴は小さい奴も全部いれてんじゃないだろうか?
「さすがにそれはない」という他メンバーの言葉が聞こえてきましたが、彼は太陽を狩ろうとする猛者ですからね。


「どう?取れてる?」
「めっちゃデカイのが沢山いますよ。見てください」

うーん、バケツ半分くらいまでたまってましたが、やっぱりバカ貝や小さい貝が混じってますね。

「違うのが混じってると思うから見てあげるよ」


えーと、これはバカ貝ね。これはちょっと小さすぎるから辞めとこう。これもバカ貝。コレもバカ貝。
はい、できた。




「やったね!3匹だけ残ったよ!」


バケツ半分のうち、3匹てw


そのあと、貝の見分け方とか取り方を教えてあげて、彼は他の仲間のところへ歩いていきました。
そうそう、初めてのうちは聞きながらやった方が効率がいいからね。一人で取ろうとしないほうが無難だよ。



「ヨシノブさん、なんか彼が『3匹かぁ・・・』とか呟いてマジへこみしてるんですけど何かあったんですか?」

ったくしょうがねぇなぁ。
一緒にとってあげてそこそこ多き奴とか彼のバケツに入れてあげました。


そして終了時、各々がとった一番大きい貝を並べて大きさ比べです。

「せーの」

「ドン」




なんでお前が一番でかいんだよ。
納得いかねぇ。

まぁいいや、ドベ2までにならなきゃ害はないしね。


で、帰りに生鮮市場とスーパーによって色々食材を買い込んで、我が家で調理開始です。
イカをおろしたり、海老の殻をむいたりそれぞれ分担作業です。

あっ

なに?「あっ」ってなに?

おい、カーペットの上で海老を剥くな!飛んでる!汁が飛んでる!
アサリをフローリングに置くな!潮ふいてんだろーが!ベランダに置けベランダに!

こいつら人の家だからって好き放題しやがって・・・。

バタバタしましたが、料理は美味しかったです。
今回はボンゴレもちゃんと作りました。コレだけのために鍋まで買った甲斐がありましたよ。貝だけに。

片付けはドベ2人組みに任せてゲームで対戦してました。
いやぁ俺リア充ですわ。

「片付け終わったよー」
「ゴミとか全部まとめた?」
「もちろん」

冷蔵庫をあけるとあまった食材が全部押し込まれてました。
一人で食いきれる量じゃねーだろ。お前らちゃんと持って帰れ。

「じゃあそろそろ帰るか」
「ごちそうさま」
「おつかれさん」
「おやすみー」
「シンクのゴミ受けは掃除した方がいいよ」
「?」




海老の頭とか一番くせぇゴミを放置してくなよ・・・。

tag : ゴミの日まであと3日あるんだぞおい

料理はてまひま

コンビニで見かけた一番くじが気になる、ヨシノブです。ハッ、そうそう当るものではない!



     kuji.jpg

500円で当ったときはビックリしましたね。
レジのオバちゃん曰く「5000円とか使っていく人もいるのに・・・」だそうです。

ちなみに前回買ったときはコレでした。


ところで皆さん、自炊ってします?
最近は料理ができない若者が増えてるらしいですよ?
ボクはホラ、もう若者って歳じゃないから・・・。

おいしい料理って手間をかけないと難しいですよね。
例えばボンゴレ。

以前に「おいしいボンゴレ食べたい」→じゃあ作ろう→じゃあ明日は潮干狩りだ!
っていう狩猟から始まる12時間クッキングを強行したことがあるんですよ。

あの時は潮干狩りの帰りによった生鮮市場でいろんな食材を買い込んで、結局パスタを買わなかったってスーパープレイをかましたわけですが。

なんでこんな話をするのかって?

ボンゴレ食べたいとか
明日潮干狩りに行って来ます。


その後は我が家で海鮮パーティ(どうせパスタ買わないに5000ペリカ)が開催されるそうです。
やばいよ、最近掃除してないから部屋が荒れ放題だよ。こんなところ見せられないよ。
だれか掃除してくれる可愛い女の子いませんか?なんなら寮完備待遇でもいいですよ?

あ、掃除もだけど、調味料もそろえなきゃ!
最近全然料理してないから、何があるかも把握してないや。

えっと調理酒と醤油と砂糖と塩とオリーブオイルと・・・なんだ意外となんでもそろってるじゃないか。



なんか2006年とか書いてあるけど気にするな。
マジックで6を8に書き換えとけば大丈夫。


家にある調味料を全部捨てるところからとかやっぱり料理って大変ですね。

tag : 未開封の醤油が3本とか買占めもいいとこですよ

できることを精一杯

今期はアニメが不作だなとか思いつつ、気がついたら7つも継続してた、ヨシノブです。シャル可愛いよシャル。


この一週間で世界がガラリと変わってしまったように感じます。
しかし、当たり前のことですが、被災地から遠く離れた愛知ではいつもどおりの日常がやってきます。

テレビやネットの情報をみると、現地の悲惨さは想像に難くありません。
今回の出来事は僕の中ではアメリカ同時多発テロと同じくらいショッキングでした。
が、所詮、ボクごときの想像など実際に被害にあわれた方の1000分の1も理解できていないのでしょう。

ボクは震災をしりません。
帰る家もあるし、食べ物だってコンビニで手に入る。電気・ガス・水道も全て整っているし、職場には毎日お客様が遊びに来ています。
なんのことはない、日常がそこにあるのです。

ボクが関わっている同人サークルぷ~ぎ~が、動き出しました。
今後具体的にどう活動していくのかわかりませんが、彼らの拠点は関西です。
彼らは阪神大震災を知っているから、きっと思うところがあるのでしょう。


ボクに何ができるのだろう?


いままでのボクならきっと「遠くで起きた悲しい出来事」で終わっていたかもしれません。
仕事やネットを通じて関東地方にも友達や知人が何人かは出来ました。
幸いにもボクの知人・友人に関する訃報はありませんでしたが、彼らはいま戦っています。

一方ボクは、援助物資をおくることも出来ない、節電に協力することもできない、ましてや直接援助活動に参加することもできません。
そんなとき、社内の有志が「各店舗で義捐金を募ろう」と言い出しました。

ウチの会社は被害こそありませんでしたが関東にも店舗を構えており、会社の許可もおりました。
ボク個人にできることはたかが知れているけれど、ボクたちが働きかけることで、たくさんの人の力や思いを集めることはできる。

ボクはさっそく募金箱を作り始めました。
手作りのつたない、泥臭い募金箱。

ボクは館内放送で呼びかけました。

「ただいま東北地方太平洋沖地震の義援金を募っております。どうかご協力をお願いいたします」

日本が大変なことになっている中、遊ぶなとは言わない。
せめて自分達が遊んでいる時も苦しんでいる人がいることを忘れないで欲しい。

すると、ちいさな子供からお年寄りまでが募金に協力してくれました。

ボクは自分の財布に手を取りました。
が、残念なことにボクの財布には小銭がありませんでした。
Dr野口がプリントされた紙もありませんでした。

それは仕方のないことだったのです。

ボクはフロントを通りかかる常連のお客様に声をかけました。

「おばちゃん、募金した?」
「まだだけど、あんたはしたの?」
「したいんだけど諭吉しかいないんだよね」
「それ入れたら私もいれるわ」

ボクは笑顔で諭吉を募金箱にいれました。
そしておばちゃんも笑顔で募金に協力してくれました。

「今の見た?おれ最高にかっこよくね?」
「みてませんでした^^」


このバカスタッフ!ちゃんとみとけ!


「次はちゃんと見てますからもう一回やってくださいよ


ボクはひきつった笑顔で諭吉を力の限りねじ込んだ。

こうしてボクの晩御飯からデザートが消えた。


「今、自分にできる精一杯をやっていこうぜ」
「ところでヨシノブさん、今日が提出期限の書類できました?」
「今はコレが精一杯」(訳:まだ何もやってません)


こうしてボクの業後は消えた。

tag : そろそろボクにも救いの手が差し伸べられてもいい頃

ただいま

2泊3日の旅行で1日目で携帯のバッテリーが切れたよ、ヨシノブです。充電器も使えないとかなんなの?


いやー日本って寒いですねぇ。
あ、ゴメンゴメン、ちょっと南の島にヴァカンス(発音注意ね!)に行ってたもので。

ほら、日本なんて小さな島国じゃ俺のビッグスケールは納まりきらないっていうかさ?
ちょろっとグァムに行ってきたわけ。

今回は社員旅行なのでお店はお休みです。休みの間に業者が入り、店内システムのヴァージョンアップが行われています。
メンテナンスのため臨時休業という名目で、海外旅行に繰り出したわけです。


海外といえば、前回総支配人が出国の再に止められて、金属探知機が股間に反応するっていうファインプレーをかましてくれたわけですが、我らが総支配人は流石です。

今度は入国時に「パスポートと顔が違う」と言って止められました。
社員旅行なのにボスが不在というアクシデントが起きても僕らの事は心配いりませんよ!

ファットバスターみたいな人に凄い詰められてましたが、なんとか入国できたみたいです。(チッ)

今回もココス島ってところでシュノーケリングしてきたんですけど、現地の人は3年前と変わらず元気そうです。
前回「鮫にヨロシク」とか素敵な手向けをくれたインストラクターも相変わらず






ネプチューンマンにそっくりでした。

nepu.jpg  「鮫にヨロシク」


船の上で注意事項とか事前ガイダンスを受けて、順番に海へと入って行きます。

「メガネヲ押サエテ ユックリ入ルーOK?」
「OK!」

そう言って海へ飛び込む総支配人。


全然OKじゃねぇ。


ネプチューンマンも流石にキレるんじゃないかな?


nepu.jpg  「Jesus Christ!」



すげぇ・・・本物を初めて聞いたよ!


なんかコレが聞けただけで今回の旅行は大満足ですよ。
社員旅行という大人数と2泊3日のタイトなスケジュールでしたが、なかなか楽しめました。
さぁまた1年頑張るか。



業者「ヴァージョンアップに致命的なバグが見つかりシステムが動作しません(テヘッ」


『臨時メンテナンスの為、延長してお休みさせていただきます。』

tag : おい、マジふざけんなwww

キーワードは「さりげなく」

今日から2月ですね、ヨシノブです。2月ですね。(3月だなんて認めない)


みなさんの周りにこれ見よがしな態度を取る人っていません?
「ボク、凄く体調悪いんで今日は早退したいなぁ」って顔で仕事するやつとか、「ボクがやっておいてあげるよ!」とか猛烈アピールする人。

ああいうの見ると逆に醒めちゃうんですよね。
だからなんだよ、って。

やっぱりできる男は「さりげなく」ですよ。小さなことの積み重ねが大きな信頼を築くんです。


先日、残業を終えて帰ろうとしたときです。

ア「ヨシノブさんお疲れ様です」
俺「はい、お疲れ様」
ア「あれ?手ぶらで帰るんですか?」
俺「そうだよ?俺は何にも縛られない男だからね」
ア「アハハ、凄いこと言ってそうですけど全然かっこよくないですね


あれ?おかしいな。


俺の持論が正しいと証明する出来事はないだろうか?
あ、そうそう、今日実家に寄ったんですよ。
爺ちゃんの一周忌どうすんの、とか話をしてたらオカンが

「従姉妹のヒロちゃん結婚するんだってさ」(ボソ)


ホラ、ね?


さりげない一言ってきますよね。



あ、ちょっと明日からバカンスに行って来ます。
帰ってきたときにみんなの暖かいコメント期待してるよ!

tag : 全然、そんな会話の流れじゃなかったじゃないか!

リンク
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。