スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作者取材のため

今回のHUNTER×HUNTERって何週再開なの?ヨシノブです。単行本でないと続きが読めません。

サイト運営をはじめてはや3年、とうとう俺もデビューですよ。





本を出します!

といっても同人誌ですけどね。

とある知人が同人活動を始めまして、最初はふざけて「じゃあ関係ないけど後書き的な何かを書いてやんよ」とかじゃれあってたんですよ。
じゃあボクは絵を描く!
私消防士になる!

なんて、本気になったらオーハラ的な、無責任な寄せ書き感覚で台無しにしてやろうという意気込みだったんですけど、少しずつ方向性が変わってきまして、本格的に仲間内で寄稿しようという展開になりました。

本格的とは言っても、内容じたいは各自が好き勝手にいじり倒していいことになってるんですけど、その目的自体は結構まじめなんです。
目的というか最終目標は今はおいといて、とにかく寄稿することになったんです。

で、その締め切りというのが今日の夕方くらいまで。


現在の進行率0%

ネタがない。
というのも、本自体の構成がどんな感じになるのかまったく検討がつかない。
表紙だけは見せてもらったんですけど、他の人がどんなことを書くのかわからないので流れが読めない。
一部の人の内容は少しだけ聞いてるけど、むしろそのせいで余計混乱する。


なんていうか、与えられた情報をもとに整理してみると「カオス」の一言しか思い浮かばない。
どんなネタでせめて、どんなオチを用意したらいいんだろう。

「なんでも自由に書いて」っていわれると余計書けないですよね?

とにかく締め切りまで時間がないので書くしかない。ついでに言うと明後日の社内研修用の資料作成も全く進んでないけど、やるしかない。

ノリスケが原稿を取りに来る直前のイササカ先生もこんな気分なんでしょうかね。
おお!なんか売れっ子作家みたいだ。

錯覚ですね。(←作家だけに)

あ、キャラが違うって先日言われたばかりでした。


・・・うーん。





( ゚д゚)ハッ!




オチをつけられずに原稿を落とすってオチはどうだろう?


この日記すら落とせてない現実から逃げ出したい。
スポンサーサイト

tag : 面白いことを書こうと思ってスベる典型ですね

ドッペルゲンガー

朝起きたら首が痛い、ヨシノブです。人間、無理しちゃイカン!

以下アラド日記

続きを読む

tag : 最後の一枚撮るために何度蹴り直したことか

計画通り!

読者のハートをガッチリキャッチ&リリース!ヨシノブです。あ、これ前回もやったわ。(8月9日参照)
すっかり投稿戦士気分なヨシノブです、あらためましてこんにちわ。

ろじぱらからお越しの方はこの辺読んでおくといいよ。



突然ですが、とうとう俺もK察のお世話になってしまいました。
昔から人に誇れるような人間ではなかったかも知れませんし、お天道様に顔向けできるような人生でもありません。(勤務時間的な意味で)

ああ、ついにやっちまったか。と思ったあなたはボクの事を誤解している。
違いますよ。被害者のほうですよ。


うちの店は先日リニューアルをしました。営業時間を延長し毎日早朝5時までの営業です。
この不景気に業績を上げるには延長しかないと判断し、いろいろな問題もありながら断行しました。

その問題のひとつに「治安」問題があります。深夜営業となるとどうしても治安の悪化は付きまといます。そのためスタッフ全員で「見回りなど警備を強化しよう」と警戒はしていたんですが、まさかリニューアル3日目で警察を呼ぶことになるとは思いませんでした。



kai.jpg
「スレッガーさんかい?早い、早すぎるよ!」

俺が仕事を終えて帰ろうとすると、スタッフが駆け寄ってきて「マナーの悪いお客さんがいて困ってます」と言うんですよ。
見に行ってみると以前にも揉めた客です。

うわーなんでコイツら入れちゃったの・・・。

まぁ早いうちに手を打っておこうということで、スーツに着替えて対応します。

俺「すみません、当店のルールを守っていただかないとご利用をお断りしなければいけなくなりますが」

「あぁ!?」

でたでた、この「俺様チョー危ないんだぜ?切れたナイフって呼ばれてんだぜ」アピール。
どんなに脅したって駄目なもんは駄目。
うーん、前回の件もあるしコイツら出入禁止だな。

俺「スタッフが何度か注意させていただいてると思いますが、ルールを守っていただけないのなら御退店ください」

客「ああ?客に向かってなんだその言い方は!」

俺「ルールを守れねぇ奴は客じゃねーんだよ」

客「上等だゴルァ、表でろや」

いきなり胸倉を掴んできました。ここで俺はスタッフに目配せします。「やれ」と。

あ、「殺れ」じゃないですよ?俺は紳士ですから。善良な一般市民の強い見方、国家権力の介入要請です。
事前に「たぶん暴力沙汰にするから警察呼ぶ準備しておいてね」とスタッフに根回ししておいたのです。

胸倉をつかまれたまま、とりあえず無抵抗でいましょう。案の定相手は力任せに揺さぶってきます。
スーツのボタンが飛びました。首周りにも痣ができて証拠はバッチリです。
防犯カメラにもバッチリ映ってますし大丈夫でしょう。あとは警察が到着したら事の経緯を説明して万事解決。




あとは警察が到着したら。




警察が到着したら。




警察がry











char.jpg
「遅いっ!」


ちょ、警察マダー?ボクそろそろ身の危険を感じてるんだけど?
俺がガンジーばりの非暴力を貫いてるって言うのに相手はどんどんエスカレートしていきます。

コイツはやばい。俺がやられることよりも、一緒に見てる部下が手を出しそうでヤバイ。絶対に手を出すなよ?警察の厄介になるのは御免だよ?

と思っていると、ようやく警察のお出ましです。
ヤンチャな客は警察にも噛み付いています。まさに計画通り!
警察だって人間ですから、この状況ではどちらを信用すべきかは一目瞭然。
警察に事情を説明し、「2度と来ない」と誓うなら被害届をださなくてもいい、と告げると全員去っていきました。

これで2度と来る事は無いでしょう。もし復讐にくるようならその時はホントに被害届出すだけですし。
なにはともあれ問題客の出禁処分に成功です。ふぅ、ヤレヤレだぜ。

決してスマートなやり方ではありませんが、日本語の通用しない相手には国家権力に限ります。
他のスタッフや一般のお客様のためにも悪い芽は早めに摘み取っておかなければいけませんから。

一通りの経緯を上司に報告すると思いもよらない一言が返ってきました。








「殺っちゃえばよかったのに」


俺、この仕事むいてないのかな?

tag : 「客じゃない奴は殴ってもいい」が持論だそうで

ジレンマ

アラド日記

格闘家の世忍さんが57レベルになりました。

例によってアラド日記は追記形式です。

続きを読む

はやとちり

日付が変わる前に帰れるなんて奇跡!ヨシノブです。不景気なんて大嫌い。


今日仕事帰りにセブンよったんですよ。
なんとなくレジ前のイベントコーナーの棚をみたら一番クジがありまして。

コレがすっごい欲しくてね?

そーいえば昔3連クッションとかいうの当てたなぁと思ってやってみたんですよ。


んで、適当にクジひいて、店員さんがバックヤードに賞品を取りに行ってる間に棚を確認したんです。
どんな景品があるのかなぁって。
あまり景品の内容見ずに挑戦したんで何があるのかわかってなかったんです。










コレって一番クジ賞品じゃねぇー!!



そーいや店内に「セブンフェアのクジ配布は終了しました」ってPOPが貼ってあったわ。
あれ、いつもの700円以上買ったらセブン商品が貰えるだけかと思ってた・・・。


家帰ってから記事を見直して絶望しました。





ちなみに当たった景品はこちら↓


acguy.jpg
体育座りするアッガイたん貯金箱


び、微妙だけどネタとしてならアリだな。

tag : ぶっちゃけ1等とかいらない。

白衣の天使

麻酔が効いてるの忘れてコーラのんだら口から垂れ流し状態!ヨシノブです。歯医者こぇー。

今日は1時間半に及ぶ大手術の末、4本の神経を抜きました。
多少の痛みは我慢できるけど、歯医者のアレだけはだめだ。脳髄までビンビンくる。
やはりオレにMの資質はないらしい。

治療が終わって待合室でまっていると、となりのレントゲン室で準備をするナースを発見。

パンツラインをくっきりと浮き立たせ、こちらにお尻を突き出す格好で作業している。
きっと誘惑してるんだろう。
さすがに公衆の面前で手を出すわけにもいかないので、とりあえず視姦しておいた。



「さて、次回のご予約ですが・・・ヨシノブさん?」


ち、ちがうんだって。このヨダレは麻酔のせいで筋肉が弛緩してるからであって決してナースを視姦していたからでは。

キャー痴漢、ノビタさんのえっちぃー!




今日の日記が酷いのは、麻酔が切れて激痛に悶えながら書いてるからということでひとつ頼むよ。

tag : 次回は黒でお願いしますね。

スポーツの秋

もうちょっと休んでもいいんじゃない?地球さん。ヨシノブです。なんでもう冬になってんの?



今日、フットサルの大会があったんですよ。

うちのチームは過去にこの大会で優勝したんですけど、その頃からよく練習試合をしてたチームがあります。
そのチームは前回大会の優勝者なんですが、最後の練習試合のあと

「決勝で会いましょう!」

って握手したんですね。

で、迎えた今日という大事な日。
初戦から落とすわけにはいかないとみんな真剣モード。いつものコメディーPartは見受けられません。

俺だってそうです。この日のために一生懸命練習しましたからね。












真剣に運転してました。
(意訳:やっべ寝坊したっ)



まぁ何とか間に合いまして、無事初戦突破。
あと2つ勝てば2次リーグ進出です。

そして結果は・・・





得失点差で決勝進出ならず。
相手チームはしっかり決勝リーグ進出。



・・・申し訳ない!


せめて応援だけでもと思い見てたんですが、決勝リーグでも安定した勝利。むむむ、やるな。

自分達も下位リーグでの試合が残っていたので、そちらに参加していると、例のチームがやってきました。


「2回戦負けちゃいました」


何だと!?相手は?





1次リーグでうちが勝ったチームじゃん!





最終的にうちが勝ったチームが優勝しました。
優勝チームが負けた唯一の試合がうちとの試合でした。


「事実上の決勝戦はあの試合でした」


と、表彰式でコメントをしていた。










俺が。

tag : 到着したときの皆の目がマジだった・・・。なにコレ怖

リンク
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。