スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりもの

チキンフィレオ頼んだのにテリヤキが入ってたときのショック!ヨシノブです。テリヤキは昨日もたべたよ。

さて、おかげさまで多くの方から有形無形のさまざまな贈り物をいただきました。

誕生日のお祝いのメッセージもたくさんいただきました。
たとえ8割が呪いめいたメッセージだとしても、残りの2割があればボクは生きていける。

なんとイラストまでいただきました。元まるこのうんこブログのまるこさんからです。
ケータイから見てる人には分からないかもしれませんが、左のプロフィールメニューに見せしめとしてさらして飾っておきたいと思います。

そして、職場の仲間からもサプライズプレゼントをいただきました。
さすが、リアルの知り合い。日ごろ俺のことをないがしろにしていたとしても、実は愛情の裏返しだったんですね。
なんとモンブランのボールペンをいただいちゃいました。

「立場も立場ですから、いい物を使ってくださいね」

泣かせるじゃありませんか!









普段いい物を使ってないと暗に批判してるんですね?



「なにか書いてみてください」


字が下手だから恥ずかしいんだよね。

あり・・・

「『ありがとう』ですか?」


ありうえお


「うわぁヘタクソな字!『い』に読めないよ」



君たち、そんなにボクのこと嫌いなの?

そんな、涙なしでは語れない感動のセレモニーを終え、翌日出勤すると、ある部下が寄ってきました。

「支配人、引き出しの中見てくれました?」

先日、台風の中、彼女と旅行に行ったという部下です。リア充しね。
どうやらお土産をこっそりしのばせてくれたようです。

引き出しをあけるとそこには『飛騨牛最高ランク5等級』の文字が。


やだなぁ、「お土産は飛騨牛ね」なんて冗談なのに^^





   hida

で、これは何の冗談かね?

「やっぱり、本物は高いなぁって」


それで、カレーね。加齢だけに!


「うまいこと言いますね」





狙ったんじゃないのかよ!


「正直、支配人にそんなお金かけられないなぁと」

tag : ホント、愛されてるよね!

クーポン

もたもたしてるとあっという間に40代だよ?ヨシノブです。お母んに言われました。
モタモタしてるわけじゃないよ!オタオタしてるんだよ!

旅行に行くと恋人とか欲しくなるよね?リア充死ね!

今日は割引券のお話です。
みなさん、クーポン券とか取ってます?結構いますよね?財布の中にいろんなクーポン券溜め込んでる人。

別に悪いって言ってるわけじゃないんですよ。むしろ褒めてあげたい。
サービス業というものは如何にお客様を呼び込むか、また、呼び込んだお客様を如何に抱え込むかが重要です。

そんな時に重宝されるのがこの「クーポン券」です。一度目の来店のきっかけとして「割引」で釣ります。
そしてお帰りの際に「また次回使ってくださいね」といって更なるクーポンをお渡しします。

ところが、最近はWebやフリーペーパーでクーポンなんて溢れていますから、みなさんなかなか興味を示してくれないんですよ。
必要なときに手に入れればいいや、ってな感じですね。

こちらとしてはクーポンの制作費も馬鹿になりません。1日数百人、数千人のお客様に配るわけですから発注単位も数千から多いときは数万枚。1枚5円でも1万枚作れば5万円ですからね。
無駄な経費はかけられませんから、魅力のあるクーポン内容にすることと、「捨てられない」工夫が必要となります。
保有率ってのは大事なんです。財布に保持されているということは、財布を開く度に宣伝できるという事ですから。

わが社でもクーポンの内容については日々改善していかなければいけません。そのため、他店を視察に行った時などは例え他業種であっても一通りクーポンを持ち帰ります。

まぁ、長々と回りくどい説明をしたんですけど、言いたいことは一つ。






サンプルと称してラブホのクーポンを俺に渡すのはやめてください。


「こんなの貰ったんでよかったら参考にしてください。」


なになに?『最大20回使える特別クーポン』ね。


ごめん!一回も使う機会ないかも!


「そんなこと言わずに貰ってくださいよ。いっぱいあって困ってるんです」







生々しいからやめてくれないかな?

tag : だったら貰ってくるなよ・・・。

家族旅行

ばぁちゃん、伊勢海老の殻は食えないよ!ヨシノブです。サザエの殻も食えないから!


今家族旅行に来ています。
初のケータイ更新ですが、これを打ってる隣で家族が覗いてくるのが、非常にスリリングです。

昨日の晩飯の時だったんですけど、わが家のゴッドマーザーがやってくれました。

定年お疲れ様でした、と親父にビールを注ぐ婆ちゃん。

婆「お父さんは何飲むだね?」

父「まだビール残ってるから」

婆「あれ?さっき空になってたのに」






あなたが一分前に注ぎました!

「これ勿体ないからもって帰っていいかい?」





味付けノリくらい買ってあげるから!
開けたやつ鞄にしまっちゃダメ!ベタベタやで!


婆「これは何だい?」

鮑だよ。

婆「へぇ~初めて見た」




さっきお造りで出ましたよ?
ってか昼にも同じこと言ってたでしょ!





いやぁ婆ちゃんといるとホント飽きないわ。

体操のお兄さんのごとく

ハードディスクからガリガリ音がするよ!ヨシノブです。修理前よりひどい音なんだけど大丈夫か!?

今日は職場見学で小学生がやってきました。
おおまかな流れは、先生と事前打ち合わせという名の「しこみ」を先日行いました。




部下が。


でも、当日案内するのは俺。一応引き継ぎは受けているものの、細かい内容はわかりません。
まぁ、先生と相談しながら案内すればいいか。

開店と同時に早速子どもたちがやってきました。



俺「おはようございます。今日はよろしくおねがいします」

先「こちらこそよろしくお願いします。」

俺「早速ですが、どのような流れでご案内しましょうか?」

先「そちらのご都合におまかせしますよ」

俺「かしこまりました」(え?丸投げ?)

「それでは私は次の会場に行かなければなりませんので」


待て待てーい!

やべぇ、いきなりの難関。
とは言っても相手は子ども。あらかじめ質問事項も誰が何を質問するのかさえ聞いているので、なんとかなるでしょう。

とりあえず施設を案内して子どもたちにわかりやすい言葉をえらんで説明していきます。
一通り見学を済ませたあと、質問タイムです。

俺「じゃあ何か質問があるひとー?」

子「ハイハイハーイ!」


うーん、元気があってよろしい!
でもね、俺が受け取っていた質問って全部で4つなんですけど・・・











なんで12人全員が手を挙げやがりますか?

回答に窮するような質問は必殺奥義「関係ないことをソレっぽく話すことで煙に巻く」を発動して事なきをえました。


俺「みんなわかったかなー?」

子「はーい」


うーん、素直でいいね!後ろのほうでお母さん方もしきりに頷いてます。








お前らまで騙されてどうする!


店内の写真を撮ってるときに、子どもたちが一緒に撮ってくれとせがんできました。
せっかくの頼みですから笑顔で答えてあげてたんですけど

子「次はお店の人だけで撮らせて下さい」


お、お、お、俺、ただのおっちゃんやで?

tag : 発表会とかで使うのは勘弁な!

リンク
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。